青魚博士の効果」カテゴリーアーカイブ

中性脂肪やコレステロール値を下げる効果

青魚博士は、高血圧などの生活習慣病に効果的なサプリです。

 

青魚博士は、健康維持に役立つことが研究で明らかになっている魚のサラサラ成分EPA・DHAを700mg配合しています。

EPA・DHAを摂取することで血をサラサラにし、コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やしてくれます。 また、DHAとEPAは血栓予防や中性脂肪を減らす働きををしてくれます。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(エイコサペンタエン酸)は、ご存じのように青魚などに多く含まれる成分で、必須脂肪酸(オメガ3S脂肪酸)と呼ばれる、私たちの体になくてはならない必要不可欠な成分です。

 

オメガ3系脂肪酸には血液をサラサラにし、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があります。脂肪酸の合成に関わる酵素の働きを抑制する作用があり、中性脂肪やアラキドン酸を減少させます。その結果、脳血管障害や虚血性心疾患などの病気予防に役立ちます。

青魚博士は、このEPAとDHAを贅沢に配合しています。1日6粒で約700㎎のオメガ3系脂肪酸を摂取できます。

 

 

厚生労働省が2010年に発表した「日本人の食事摂取基準」に拠りますと、1日に1g(=1000㎎)以上のEPA及びDHAの摂取が望まれるとしています。「青魚博士」6粒にはEPA500㎎・DHA200㎎が含まれており、目標とする1日の摂取量1g(=1000㎎)の約70%を摂取することができます。

 

消費者庁が実施した「食品の機能性評価モデル事業」において、DHAやEPAなどオメガ3脂肪酸は最高ランクA評価を3つ獲得しました。また、WHO(世界保健機関)は魚または魚脂の摂取を推奨するなど、健康における重要性を高く評価。さらに、EFSA(欧州食品安全機関)でも、DHAやEPAなどの摂取基準量を提案しています。

 

管理栄養士の10人に9人が「DHA・EPAは健康維持に大切」だと考えています。
生活習慣病に効果的なサプリ「青魚博士」で、EPA・DHA・を効率良く摂取しませんか?

青魚博士の詳細はこちら↓

【青魚博士】

 

青魚博士の効果

青魚博士にはどんな効果があるの?

青魚博士は、EPAとDHAが配合されています。

このEPAとDHAはともに脂肪酸の仲間で
血液をサラサラにして動脈硬化や
血栓症を予防する効果があります。

脂質は、炭水化物・脂質・たんぱく質の
3大栄養素のひとつで、最も効率のよい
エネルギー源です。
その脂質は大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に
分類されます。

青魚博士の脂質は、マグロ・イワシ・サンマ・
サバなどの魚油や植物に多く含まれる
不飽和脂肪酸です。

 

aozakana

DHAには、体内の中性脂肪やコレステロール値を
調節する働きがあるといわれています。

精製魚油はイワシ(主に南米ペルー沖産)、
カツオ・マグロ(太平洋産)の魚臭が少ない
高品質の魚油を使用しています。

血液さらさら成分としてお馴染みのEPAは、
n-3系脂肪酸の中でも特に細胞膜の柔軟性や
血液の流動性への効果が認められています。

 

EPAは、血液の健康に効果があり、
DHAは、脳の健康に効果が期待できます。

このEPAとDHAは両方一緒に摂ることで
お互いが作用し合って、より効果を発揮します。

青魚博士は、1日の摂取目安量6粒で
EPA 500mg・とDHA 200mgを摂取できます。

↓青魚博士の詳細はこちらから↓