n-3系脂肪酸とは

青魚博士で、血液サラサラに!

青魚博士は、日本健康・栄養食品協会
認定のEPA・DHA含有精製魚油加工食品です。

高血圧や心疾患などなどの生活習慣病の
予防や改善にお勧めです。

青魚博士は、1日6粒で約700㎎の
n-3系脂肪酸(EPA及びDHA)を
摂取できる健康食品です。

 

ところで、n-3系脂肪酸とは?

n-3系脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸の
一つで、かつては、オメガ3脂肪酸
とも呼ばれていました。

 

n-3系脂肪酸には、血中の
トリグリセリド(中性脂肪)および
コレステロール値を低下させる作用が
あるため、結果として血流を改善し
高血圧や心疾患などの生活習慣病の
予防や改善につながります。

 

 

n-3系脂肪酸には
ドコサヘキサエン酸(DHA)、
イコサ(またはエイコサ)
ペンタエン酸(EPA)、
α(アルファ)-リノレン酸などの
種類があります。

 

DHAは、マグロの脂身、サバやサンマ
などの青魚、ブリやハマチなどに
多く含まれます。

EPAは、サバやイワシなどの青魚、
マグロの脂身、海獣肉などに
多く含まれます。

EPAは、n-3系脂肪酸の中でも
特に細胞膜の柔軟性や血液の
流動性への効果が認められています。

 

EPA及びDHAは、体内で
合成できないので食物として
摂取するしか方法がありません。

 

青魚博士6粒には、EPA500㎎・
DHA200㎎が含まれています。

厚生労働省が2010年に発表した
日本人の食事摂取基準に拠る
EPA及びDHAの1日の摂取量
1000㎎以上の約70%を6粒で
摂取することができます。

 

生活習慣病対策に青魚博士で
血液サラサラ生活始めませんか?

 

↓青魚博士の詳細はこちら↓

【青魚博士 公式サイト】

 

健康の生活習慣はじめませんか?

青魚博士は、生活習慣病に効果的な
EPA・DHA含有精油魚油加工食品です。

青魚博士で生活習慣病対策しませんか?

 

生活習慣病とは、生活習慣が原因で
発症する疾患のことで具体的には、
高血圧、糖尿病、脂質異常症など、
主に中年期以降に発症する疾患群です。

 

男性では40代、女性では50代以上で
急に高くなる人の割合が増えます。

 

厚生労働省によると生活習慣病は、
偏った食事、運動不足、喫煙、過度の飲酒
過度のストレスなど、好ましくない習慣や
生活環境がその発症・進行に関与する
疾患群と定義されています。

これらが積み重なると発症のリスクが高く
なりますので、生活習慣を見直すことが
大切です。

 

↓送料無料キャンペーン中↓

 

それと同時に「EPA・DHA」を
摂取することも大切です。

そこでおすすめなのが
EPA・DHA配合の青魚博士です!

 

青魚博士は、業界トップクラスの
EPA含有量のサプリメントです。

 

厚生労働省によると、1日に
1,000mg以上のEPA及びDHAの
摂取が推奨されています。

 

青魚博士なら1日たった6粒で
EPA500mg・DHA200mgと
目標とする1日の摂取量の
約70%を摂取することができます。

EPAとDHAは、両方一緒に摂ることで
お互いが作用しあいより力を発揮します。

 

さらさら成分たっぷりの
「青魚博士」で健康の生活習慣
はじめませんか?

 

↓青魚博士の詳細はこちら↓

EPA・DHAサプリ【青魚博士】

 

EPAとDHAが健康にいい理由

青魚博士は、血液の健康を考え研究を
続けてきた「まるさん倶楽部」が自信を
もってお勧めするEPA・DHA配合の
サプリメントです。

業界トップクラスのEPA含有量で
血液サラサラ生活をサポートします。

ところで、なぜEPAとDHAが
健康にいいのでしょうか?

それは、

EPAとDHAには血液をサラサラにして
動脈硬化や血栓症を予防する効果が
あるからです。

EPAとDHAは青魚などに多く含まれる
成分で、必須脂肪酸(オメガ3S脂肪酸)
と呼ばれる、私達の体になくては
ならない必要不可欠な成分です。

しかし、EPAとDHAは体内で
合成できないので食物として摂取する
しか方法がありません。

EPAはn-3系脂肪酸の中でも特に
細胞膜の柔軟性や血液の流動性へ

・血中中性脂肪値の低下
・不整脈の発生防止
・血管内皮細胞の機能改善
・血栓生成防止作用などの
効果が認められています。

EPAとDHAの両方を一緒に摂ることで
相乗効果でよりよい力を発揮します。

 

 

青魚博士の1日の摂取目安量6粒には
EPA500mg・DHA200mgが
含まれています。

厚生労働省が2010年に発表した
「日本人の食事摂取基準」によると
1日に1g(=1,000mg)以上の
EPA及びDHAの摂取が望まれています。

この量は、魚で約90gとされています。

青魚博士なら目標とする1日の摂取量
1g(=1,000mg)の約70%を
摂取することができます。

 

血液サラサ、高血圧など生活習慣病に
業界トップクラスのEPA含有量がある
「青魚博士」を試してみませんか?

↓青魚博士の詳細はこちらから↓

【青魚博士】

 

動脈硬化や心筋梗塞の予防に

青魚博士は、EPA・DHA含有精製魚油加工食品です。

お魚料理が面倒、または苦手な方に!

青魚博士なら、EPA・DHAを毎日手軽に
摂取することができます。

 

EPA・DHAは、青魚などに多く含まれる
成分で必須脂肪酸(オメガ3S脂肪酸)と
呼ばれる、私たちの体になくては
ならない必要不可欠な成分です。

これらの成分が不足すると、
動脈硬化性疾患の死亡率も増加することが
厚生省の調査でも明らかになっています。

 

 

厚生労働省では、EPA及びDHAを
1日1000mg以上摂取することを
推奨しています。

この量を普段の食事で補うには
あじ約150g以上(2人前)、
イワシ約40g以上、
マグロ赤身約720g(9人前)を
毎日、食べ続けなければなりません。

普段の食事でこの量を毎日摂取
するのは大変すよね…。

 

青魚博士なら、1日6粒で約700㎎の
n-3系脂肪酸(EPA及びDHA)を
摂取することができます。

EPAは、n-3系脂肪酸の中でも特に
細胞膜の柔軟性や血液の流動性への
効果が認められています。

・血中中性脂肪値の低下
・不整脈の発生防止
・血管内皮細胞の機能改善
・血栓生成防止作用などに…

また、DHAは、認知・学習機能の
改善効果が期待されています。

 

血液サラサラ成分、EPA・DHAを
贅沢に配合した青魚博士を
ぜひお試しください。

↓青魚博士の詳細はこちら↓
EPA・DHAサプリ【青魚博士】

 

青魚博士の効果

青魚博士にはどんな効果があるの?

青魚博士は、EPAとDHAが配合されています。

このEPAとDHAはともに脂肪酸の仲間で
血液をサラサラにして動脈硬化や
血栓症を予防する効果があります。

脂質は、炭水化物・脂質・たんぱく質の
3大栄養素のひとつで、最も効率のよい
エネルギー源です。
その脂質は大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に
分類されます。

青魚博士の脂質は、マグロ・イワシ・サンマ・
サバなどの魚油や植物に多く含まれる
不飽和脂肪酸です。

 

aozakana

DHAには、体内の中性脂肪やコレステロール値を
調節する働きがあるといわれています。

精製魚油はイワシ(主に南米ペルー沖産)、
カツオ・マグロ(太平洋産)の魚臭が少ない
高品質の魚油を使用しています。

血液さらさら成分としてお馴染みのEPAは、
n-3系脂肪酸の中でも特に細胞膜の柔軟性や
血液の流動性への効果が認められています。

 

EPAは、血液の健康に効果があり、
DHAは、脳の健康に効果が期待できます。

このEPAとDHAは両方一緒に摂ることで
お互いが作用し合って、より効果を発揮します。

青魚博士は、1日の摂取目安量6粒で
EPA 500mg・とDHA 200mgを摂取できます。

↓青魚博士の詳細はこちらから↓